<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 



SELECTED ENTRIES


CATEGORIES



PROFILE



BOOKMARK







華村のガラクタ

旅行、映画、読書の雑記&今年に入ってはまりまくっている
サッカー(エスパルス)ぐだぐだ観戦記。






[ スポンサーサイト ]


一定期間更新がないため広告を表示しています




2007.08.08 Wednesday |-|-|-




[ 銀河ヒッチハイク・ガイド ]


評価:
サム・ロックウェル.モス・デフ.ズーイー・デシャネル.マーティン・フリーマン.ビル・ナイ,ガース・ジェニングス
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
SFコメディでいいんでしょうか(笑)?
分類しづらいですが、レンタルビデオ屋さんならコメディに入れられちゃうかもしれません。

ストーリーは地球が銀河バイパス工事の進路に位置していたため邪魔なのでぶっ壊しちゃいましょ、と地球丸ごと爆破します(笑)
その数分前の地球上では、とある田舎町で道路建設するにあたり一軒の家が邪魔なので取っ払われ様としている真っ最中。
その住人アーサー・デントは親友フォード(異星人)により助けられる最後の地球人となり、うだつのあがらない二人は『銀河ヒッチハイクガイド』を手に旅することに。

この先は極悪宇宙人やら、暗いロボット、変な船長とか予定調和。
イギリスらしい相変わらずくだらない、実にくだらなーい、ジョーク。風刺がきいたジョーク。盛りだくさんのてんこ盛り。
映像もさすがガース・ジェニングス!センスの固まりよ。

全体的にいうと面白いです。私は途中死ぬほど睡魔が襲ってきて耐えられなくなり、早送りしてしまいました。
世界観にはまれるか、はまれないかは相性でしょう。
ま、早い話が私的NO1SFコメディ『ギャラクシークエスト』ほどの衝撃はもらえず残念無念、ってことで。

応援ポチ↓ありがとうございます。





2007.08.08 Wednesday 14:05|映画(コメディ♪)comments(19)trackbacks(0)




[ 父、帰る ]


評価:
コンスタンチン・ラヴロネンコ,ウラジーミル・ガーリン,イワン・ドブロヌラヴォフ,アンドレイ・ズビャギンツェフ,ウラジーミル・モイセエンコ,アレクサンドル・ノヴォトツキー
見終えた後からくるこの虚脱感は何なんだ?

母親、兄、弟と仲睦まじく暮らしていた所に、12年振りに写真でしか見たことのない父が帰ってくる。
明日から旅行に行くぞ、と半ば強制的に連行される兄と弟。

冒頭。
高い塔から海に飛び込むという度胸試しゲームを兄弟含めた子ども達がやっている。
兄はクリアし、最後になってしまった弟を鼓舞しても飛び込めない。子ども達が去っても一人飛び込むでもない、戻るでもない、ブルブル震えて何もしない。結局母親が迎えにくる。
現状に満足できないけど何も出来ない、頑固で他力本願で素直になれない性格が父との溝を深くしていく。

もう一人の兄は少しずつ認めて近づこうとする無垢な性格が弟と対比している。

一方の父は謎だらけで、行く先々で得体の知れない物を運んだり、怪しげで危なげな雰囲気を出し、空白の12年間何をしていたのかとか、最後まで謎のままにしている。

そしてラストに驚きの展開が…。
この意味が解らず”虚脱感”が襲ってきて彷徨っちゃいましたがな。

見終えた直後から忘れちゃう映画が多い中、ボディブローの様に効いてくる映画です。


応援ポチ↓ありがとうございます。




2007.06.21 Thursday 09:29|映画(洋画)comments(0)trackbacks(0)




[ 伊勢うどんにも ]


GWに伊勢に行って伊勢うどん食べてきたよ。


おかげ横町ではなくておはらい町にあったお店にした。
どこにするか迷っていたら、『この店が一番うまいんやて』の声が。
見るとバリバリの関西人らしきド派手なおばちゃん二人組。これは間違いない!とここに決めて大正解!伊勢うどん二度目のチャレンジで初めて「うまい〜」と思った。
おばちゃん、ありがとうー!

応援ポチ↓ありがとうございます。




2007.05.16 Wednesday 22:36|旅行comments(0)trackbacks(0)




[ ショーン・オブ・ザ・デッド ]


評価:
サイモン・ペグ,エドガー・ライト,サイモン・ペッグ,ケイト・アシュフィールド,ビル・ナイ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
(2007-07-13)
ジョージ・A・ロメロの名作『ゾンビ』への思いが込められたホラー・コメディ。

ノロマで真面目なゾンビのくっだらなさ、主人公二人のバカっぷり、ハリウッド映画にはないイギリスらしい生温いブラック、それでいてちょっとウルっとさせちゃう?あたりが心憎いです。
メイキングを見ると心底ゾンビを愛する集団が制作したのがわかります。

グロイシーンもあるので苦手な方は注意です。

実を言うと、全身の毛が逆立つ程のホラーが見たくて借りたものの、パッケージをじっくり見て『?』、オープニングで更に『???』。
間違えて借りてけがの功名?、思わぬ掘り出し物に出会えた感じ。
後からジワジワ効いてくるのもいい。

にほんブログ村 映画ブログへへ応援ポチありがとうございます。
人気blogランキングへ応援ポチありがとうございます。



2007.05.10 Thursday 10:58|映画(コメディ♪)comments(2)trackbacks(0)




[ テイオーを訪ねて番外編 ]


トウカイテイオーを訪ねて社台スタリオンステーションから始まった旅(レポはこちらにあるよ)も場所を札幌に移して、食って食って食いまくるぞーツアーに。
タクシーの運ちゃんに「ここだけは行っとけ」と言われた札幌藻岩山からの夜景。


日本一美しいと豪語していたけど、本当に宝石箱です。
今まで見て来た夜景のどこよりも奇麗だった。
写真だと夜景の美しさが伝わらないのが残念。
と、その前に。
夜景よりも腹ごしらえって事で。

これが、♪ジン、ジン、ジンギスカーン(涙)。
泣く事は無いですが、人気店は列が出来ていて入れず、嗅覚と勘で入ったお店でしたが美味しかったです。


こうして初の♪ジン、ジン、ジンギスカン♪と、居酒屋、札幌ラーメンとハシゴをして夜は更けていったのであーる。
お約束の地、「Boys be ambitious」クラーク博士の銅像があるさっぽろ羊ヶ丘展望台。


のどかに草を食む羊さんたち。
昨日の今日でちょっと複雑な心境。
羊乳のアイス。
ここでしか食べられないとの事でしたがホントウかな(笑)?

アイスをがっついていたら、仲良くなった四国のご夫婦に「今度四国にいらっしゃい」と言われた。「うどん巡礼の旅に行きます」と本気で応えた

他に小樽や名所なども足を運びましたが観光ガイドに載っている所ばかりなので割愛します。
そして、やっぱり私は北海道が大好きだー。
良い旅を!


応援ポチ↓ありがとうございます。




2007.04.27 Friday 14:45|旅行comments(0)trackbacks(0)




[ テイオーを訪ねて三千里4 ]


トウカイテイオーを訪ねた社台スタリオンステーションからノーザンホースパークに着いた旅は前回3からのつづきだよ。
腹ごしらえの前に施設を見学。せっかくお馬さん達が近くにいるのに後ろ体重なのが情けない。

脚フェチかよ。

くどいようですが夜はジンギスカン。ここはグット我慢をしてケーキとパン。
どれも美味しゅうございました。

さて例の二人乗りチャリで園内を疾走。これって二人のコンビが合ってないと最悪なんですねえ。一人はあっち、もう一人がこっちと超自己中同士で方向定まらず。急な坂では意思統一に欠けて脱落しそうになる事数知れず。はぁ〜ジョッキーと馬の信頼関係って偉大だな、と変な所で結びつけてみたり。
青ーい空を眺めて浸っても、胃袋が宇宙の我々がケーキとパンで足りるはずも無く。


結局北海道と言えばじゃがいもでしょう、とじゃがいもにたっぷりバターが乗っかったこちらを食べました。

後ろ髪ひかれつつノーザンホースパークとさよならを。本当にココはゆっくりのんびり楽しめます。 
こうしてテイオーから始まった馬巡りは目出たく終了。
その後ジンギスカンを求めて札幌へ!
北海道旅行おまけとしてまだまだ終わらないよ、次回につづく!

お馬さんの見学は競走馬のふるさと案内所などで確認してから行って下さいね。
テイオーがいる社台スタリオンステーションには今を時めくスーパーホースのディープインパクトもいます。テイオーのお隣にいるとかいないとか。
テイオーは優しく迎えてあげれたんでしょうか(笑)?

にほんブログ村 旅行ブログへ応援ポチありがとうございます。
人気blogランキングへ応援ポチありがとうございます。



2007.04.25 Wednesday 15:21|旅行comments(0)trackbacks(0)




>>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Desined:mablog