<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



SELECTED ENTRIES


CATEGORIES



PROFILE



BOOKMARK







華村のガラクタ

旅行、映画、読書の雑記&今年に入ってはまりまくっている
サッカー(エスパルス)ぐだぐだ観戦記。






[ スポンサーサイト ]


一定期間更新がないため広告を表示しています




2007.08.08 Wednesday |-|-|-




[ アイデンティティー ]


梅雨開け記念で雨にまつわる映画をひとつ。
この映画、ずーーーっと雨が降ってます。シトシトではなくてザーザーです。
それでも観ようと思う方は覚悟してください。
うっとおしいなんてもんんじゃないですから。それを乗り越えた先に仰天のラストが待っています。苦行かよ。
アイデンティティー コレクターズ・エディション

■製作年:2003年
■製作国:アメリカ
■監 督 :ジェームズ・マンゴールド
■出 演:ジョン・キューザック 、レイ・リオッタ 、レベッカ・デモーネイ 、アマンダ・ピート 、ジョン・ホークス
■内 容:Amazon.co.jpより
大雨で閉ざされたモーテルに、行き場を失った11人の男女が居合わせる。そこで起こる連続殺人。生存者たちは疑心暗鬼になりながらも、自分たちに奇妙な「共通点」があることに気づく。それは偶然ではなく、誰かの企みなのか?予想もできない結末が彼らを待っていた…。

主演は「ジョン・マルコビッチの穴」で怪演したジョン・キューザック
登場人物はどいつもこいつも怪しげな人ばかり。
シチュエーションはアガサクリスティの小説のようでありきたりの謎解きっぽいのですが…。
展開の早さ、息をつく暇もなく次から次へと起こる殺人事件と、謎解き。
殺され方も生やさしい殺され方ではありません。

多くを語るとネタバレになりそうなのが何と言うか、ヒントというか。
星星星星

ランキング協力のクリック心より感謝です。ポチッとお願い致します。↓
にほんブログ村 映画ブログへありがとうございます。
人気blogランキングへありがとうございます。

以下ネタバレはありませんが、これって大ヒントじゃないの、あり。
それでもいいよ、という方だけ続きをお読み下さいませ。



続きを読む >>







(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Desined:mablog