<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



SELECTED ENTRIES


CATEGORIES



PROFILE



BOOKMARK







華村のガラクタ

旅行、映画、読書の雑記&今年に入ってはまりまくっている
サッカー(エスパルス)ぐだぐだ観戦記。






[ スポンサーサイト ]


一定期間更新がないため広告を表示しています




2007.08.08 Wednesday |-|-|-




[ 青春ヨーデルど真ん中(コーチ・カーター) ]


コーチ・カーター

コーチ・カーター スペシャル・コレクターズ・エディション

■製作年:2005年
■製作国:アメリカ
■監 督: トーマス・カーター
■音 楽: トレヴァー・ラビン
■出 演:サミュエル・L・ジャクソン 、リック・ゴンザレス 、ロブ・ブラウン 、ロバート・リチャード 、アシャンティ 、アントウォン・タナー 、ナナ・グベウォニョ 、チャニング・テイタム 、テキサス・バトル 、デビ・モーガン 、メル・ウィンクラー 、ヴィンセント・ラレスカ 、レイ・ベイカー

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
ひとりのコーチがバスケットを通じて生徒たちに夢と希望を与えていく、サミュエル・L・ジャクソン主演による青春ドラマ。卒業後に犯罪者の道を歩む者も少なくないリッチモンド高校のバスケットチームに、ケン・カーターがコーチとしてやって来る。


熱血鬼コーチを演じたサミュエル・L・ジャクソン。
毅然とした態度で学校側、親、生徒に対峙する姿はカッコええの一言。
はまり役ですね。

お行儀も悪い、勉強もできない、チームも負けてばかりのダメダメづくし。
そこへ出身校で優秀な選手だったカーターがコーチに就任して、連勝校に仕立て上げるという、軸はスポ根ものの王道です。

スポ根ものではありますが先生と生徒の物語でもあり、アメリカの暗部を描いていたりもして、漫画的というよりは、バスケを通じたヒューマンドラマ。
なので超絶な爽快感を求めて見ちゃうとずっこけでしょう。

バスケの試合のシーンはリアルさを求めたらしく迫力満点というよりは忠実に近い。これも意図したものらしく、カットカットのうそっぽいのが嫌だったとのこと。
※学生達は実際の映画さながらのきっつい合宿を行ったそうです。

生徒たちは『スラムダンク』の様な強烈なキャラをもった人はいません。全体的にやんちゃな奴らだけどそんなワルでもなく案外良い奴じゃん、です。(注、魅力がないという意味ではないです)
その中でひと際輝いていたのがスラダンで言う所のミッチー(三井)的なクルーズ。彼がサイドストーリーとしてリッチモンドがいかに危険と隣り合わせかを物語っています。


反発する生徒クルーズを魅力的に演じた、髪型も顔も濃〜いリック・ゴンザレス君は写真の一番左側。


意外にスポ根もの好きなんですよねー。
予定通り進んでいく安心感と便秘の後の爽快感(例えが悪くてスミマセン)があったりして。これもそこら辺を期待して観たものの、おえ、ちがうの?と困惑。

一筋の光的な存在だったのが坂を転がり落ちるのが簡単な環境のクルーズ。
どうもああいうへたれな奴に弱い(笑)。
もう一度といわずリピートしたくなるそんな映画。
最近のスポ根ものにしては地味系ですが◎です。
実話を元にしているので最後にどんな道を進んだか教えてくるオマケがありますよ。



にほんブログ村 映画ブログへありがとうございます。
人気blogランキングへありがとうございます。




2007.02.03 Saturday 20:50|映画(スポ根だー)comments(0)trackbacks(0)






(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Desined:mablog