<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



SELECTED ENTRIES


CATEGORIES



PROFILE



BOOKMARK







華村のガラクタ

旅行、映画、読書の雑記&今年に入ってはまりまくっている
サッカー(エスパルス)ぐだぐだ観戦記。






[ スポンサーサイト ]


一定期間更新がないため広告を表示しています




2007.08.08 Wednesday |-|-|-




[ Mr.エスパルス ]


2007年1月21日(日)
澤登正朗 引退試合〜ありがとうMr.エスパルス〜

いつもより早めに出たのにバス乗り場はいまだかつてない列。
スタジアムに着いても入場を待つ長ーーーーーい列に驚き、売店の大大大混乱に桃ノ木、席に着いた時には既に一時間切っておりました。
なのでバナキンもスタジアムから聞こえる歓声が「何だか楽しそうだねー」でした。



試合の方はドーハ組対エスパルスOBっつう夢の競演。
こんなに凄い選手達、たくさんの観客をみて、よかったねーとすでに感激。

なにしろあの日、あの時、あの瞬間にTVをつけていなかったら、こんなにサッカーにはまる事はなかったんです。
サッカー中毒にした張本人が澤登さん、あなたなんですからね(笑)!

最後に勇士がみれて嬉しかったよ。
今までお疲れさま。そんで百万回のありがとう。

席がアウェー側の隅しか空いていなくて肝心の澤登氏の写真を取り損ねてしまいました。ですが、かつての天才少年の姿をおさめる事ができました。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援ありがとうございます。
人気blogランキングへ応援ありがとうございます。

おまけショットです↓



シュートを打つたびに歓声があがってました。
おいしすぎですよ、磯貝氏。




2007.01.23 Tuesday 23:16|サッカーcomments(0)trackbacks(0)




[ エスパルス最終戦 ]


12月2日(Sat)VSサンフレッチェ広島
14:00/日本平
3-0
▼得点者
17分 チョ
70分 枝村
73分 チョ

このブログにサッカー観戦記と銘打っているわりには全くエスパネタがないまま、気がつけば2007年の足音が聞こえてくる師走かな。ここで終わるな;


お腹を出して踊っているお姉さん達。
エロイなあ、ゴホゴホ、エライなあの間違いっす。

去年のホーム最終戦に初めて日本平に出かけてはまり、今年から観戦を始めた新参者です。その経緯はまたの機会にするとして、たっくさんのエスパルスブログもあるし、戦術やら試合の感想なんかはベテランさんにお任せしていたら、振り向けば最終戦になっていた、のが本当の所です。


どこかに華村のアイドルが写ってます(笑)。

前置きはさておき、試合の方は3-0で快勝。
最終戦ということで、健太監督、山ちゃんの短い挨拶も聞けたし、何より年間4位って立派な成績に拍手〜です。

華村家の観戦勝率は11勝1敗1引き分けでした。
終盤の負けまではマジで勝利の女神かと勘違いする所でした。サッカーはスタジアム観戦に限ります。楽しませてくれてありがとうー!

国立目指して気合いだー。

ブログランキング・にほんブログ村へ応援ありがとうございます。
人気blogランキングへ応援ありがとうございます。



2006.12.11 Monday 23:02|サッカーcomments(0)trackbacks(0)




[ 加地先輩 ]


といえば「ストップひばりくん」ですが(ですがじゃないって?)、良かったですね〜、加地くん。

日本対クロアチア戦
華村家絶叫騒音ベスト3(騒音度高い順から)

1 加地先輩からの絶妙クロスをほぼ無人のゴールに高難度の技で外したシーン。
2 後半の玉田のパス。このチキン野郎と毒づいたがあれはシュートだったらしい。のでこの場を借りて謝ります。「チキン野郎」なんて言ってごめんさない。
3 好セーブをみせていた川口がボールそらし、あわやのゴールでびっくりのシーン。

終わったこと事をクヨクヨしても始まらないので前向きにいきますパンチ!!!

にほんブログ村 サッカーブログへ

本家梶先輩が気になる方は、江口寿史「ストップひばりくん」1〜4巻をお読み下さい。
どこかに梶先輩が出てくるはずです。梶先輩の家族は同じ顔で犬も同じ顔です。傑作です。うーん、年がばれる…。

ストップ!!ひばりくん! (1)

階下の猫。駐車場に車を入れるとこの様なポーズで出迎えてくれる粋なヤツです。






2006.06.19 Monday 22:56|サッカーcomments(0)trackbacks(1)




[ 日本戦で家族険悪になるの巻 ]


世間はW杯一色。
まわりが騒々しくて集中できないので、どっぷりW杯漬けにしようと決意する。そんな固い決意はいらないと思うのだが。
日本対オーストラリア戦の日、母から実家集合、の指令が出たので渋々実家でテレビ観戦することに。案の定卓上にはつまみやらお菓子やら(正月じゃないっつーの)。

それにしても同点にされる辺りからの雰囲気の悪さったら(笑)。
言葉になるのはネガティブなことばかりだし何故か喧嘩腰だし。
突発的に部屋から出ようとする父とか。
そんなこんなで試合は終了し「しょーがない、選手はよく頑張ったよ」と、険悪ムード花盛りの実家を後にした。

白状しちゃうと初めから期待してなかったんでショックはそれほどなかった。
クロアチア戦はどこで見ようかな。ここで一句。

ピッチ内
選手いないのに
なぜ燃えられる


華村心の俳句(字余り)



2006.06.14 Wednesday 09:47|サッカーcomments(0)trackbacks(0)






(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Desined:mablog