<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



SELECTED ENTRIES


CATEGORIES



PROFILE



BOOKMARK







華村のガラクタ

旅行、映画、読書の雑記&今年に入ってはまりまくっている
サッカー(エスパルス)ぐだぐだ観戦記。






[ スポンサーサイト ]


一定期間更新がないため広告を表示しています




2007.08.08 Wednesday |-|-|-




[ 父、帰る ]


評価:
コンスタンチン・ラヴロネンコ,ウラジーミル・ガーリン,イワン・ドブロヌラヴォフ,アンドレイ・ズビャギンツェフ,ウラジーミル・モイセエンコ,アレクサンドル・ノヴォトツキー
見終えた後からくるこの虚脱感は何なんだ?

母親、兄、弟と仲睦まじく暮らしていた所に、12年振りに写真でしか見たことのない父が帰ってくる。
明日から旅行に行くぞ、と半ば強制的に連行される兄と弟。

冒頭。
高い塔から海に飛び込むという度胸試しゲームを兄弟含めた子ども達がやっている。
兄はクリアし、最後になってしまった弟を鼓舞しても飛び込めない。子ども達が去っても一人飛び込むでもない、戻るでもない、ブルブル震えて何もしない。結局母親が迎えにくる。
現状に満足できないけど何も出来ない、頑固で他力本願で素直になれない性格が父との溝を深くしていく。

もう一人の兄は少しずつ認めて近づこうとする無垢な性格が弟と対比している。

一方の父は謎だらけで、行く先々で得体の知れない物を運んだり、怪しげで危なげな雰囲気を出し、空白の12年間何をしていたのかとか、最後まで謎のままにしている。

そしてラストに驚きの展開が…。
この意味が解らず”虚脱感”が襲ってきて彷徨っちゃいましたがな。

見終えた直後から忘れちゃう映画が多い中、ボディブローの様に効いてくる映画です。


応援ポチ↓ありがとうございます。




2007.06.21 Thursday 09:29|映画(洋画)comments(0)trackbacks(0)



<< 伊勢うどんにもmain銀河ヒッチハイク・ガイド >>

[ スポンサーサイト ]





2007.08.08 Wednesday |-|-|-





▼この記事に対するコメント


name:  url:
comment:






▼この記事のトラックバックURL
http://hanamura.jugem.jp/trackback/64

▽この記事に対するトラックバック





(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Desined:mablog